ホーム
葬儀の種類
社葬・合同葬

社葬・合同葬

社葬・合同葬 企業として、会社への貢献に感謝の気持ちを込めて…

社葬・団体葬とは、企業(団体)が、葬儀費用を負担し運営責任の主体となってセレモニーを行うことです。

まず、近親者だけで密葬を行い、後日改めて案内や告知を出し、本葬として「社葬」を執り行う形式が多く見られます。

ただし、上記の形式以外の「社葬・団体葬」の要望も近年は増加してきています。
その一つが「合同葬」という、遺族と会社、もしくは複数の企業(団体)が葬儀費用・運営責任を負い、セレモニーを行う形式です。
もう一つが「お別れの会」と呼ばれる、宗教的な儀式を重視せずに行うセレモニーの形式です。

どのような形式のセレモニーでも、社葬を行う意味とは、会社に対して功績のあった経営者や殉職した職員を称え、悼むことにあります。
また、それと同時に、今後の経営姿勢を示す重要な場でもあります。
社内に対しては、志を受け継ぐ姿勢を新たにし内部体制をより強固なものにする役割を果たし、社外に対しては、各界の参列者に対して企業の組織力をアピールし、後継者を中心とした万全な体制を知らしめるという役割を果たします。

千代田セレモニーでは費用、会葬者人数、式場、ご希望の葬儀スタイル等、様々な点を考慮し、葬儀社ならではの目線から提案・ご説明をさせて頂きます。


緊急ダイヤル 0120-17-9876 24時間365日いつでも受付しております。万が一の時はまずはお電話ください。

資料請求(無料)
見積依頼(無料)
事前のご相談(ご相談サロン)
供花・供物のご注文

携帯サイトへ簡単アクセス 下記バーコードを携帯で読み取り、アクセスしてください。 QRコード
PAGE TOP